2020年04月12日

うちの院長、すごい!

2月の中旬、クルーズ船でコロナが確認されたと報道されてすぐ、院長からの指示で感染対策が始まりました。
私たちは防護服にフェイスガード2枚重ね、帽子を被り、消毒液せおってました。冷蔵庫みたいなどでかいプラズマクラスターを設置!
患者さんには入り口でコロナ感染対策の張り紙をして、体調確認、発熱あったら診療お断り、手洗い消毒してもらい、待合室では間隔を開けるよう指示。
92C0CEE4-235D-41BD-8BF9-F7DABD85B02F.jpeg
[この時は笑ってる〕

患者さんからはこの格好に「何々??感染者出たの?」と、笑われて、私たちも「クルーズ船から感染者が上陸しますから」と笑っていました。

聞く限り、そんなに景気がいい歯科医院ではないのに、使い捨ての対策にお金をかけて大丈夫なのかなと心配していました。

院長は「コロナは怖いよ、出歩いてはいけないよ」と。
行こうとしていた同窓会も行きたかったけど、悩んだ末にに、やめました。プライベートまで口だしさて欲しくないなと、そのときはおもったけど、今となっては「ありがとうございます❗️』です。

F4A9EF59-295C-4790-BD9B-B0EC95F633D4.jpeg
マスクの在庫が切れるんじゃないかと心配していたら、今度はニューヨーク州の感染病棟のマスクを支給されました。どこから手に入れたの?
院長から一人一人つけ方のレクチャー。もう、めっちゃ信頼してますから、「何、このアヒルマスク❗️」なんて笑いませんよ!ありがとうございます。
posted by 口腔外科画家 at 05:35| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする